FC2ブログ
平成26年 アズコムの応援ありがとうございました!
2014 / 12 / 31 ( Wed )
ドーモです!

気が付けば大晦日です。
皆さんも年越し準備などの気忙しさから解放された頃でしょうか。
ボクはまだまだ仕事に家事に山積みですイエイV

振り返れば
アズキとコムギの入厩が1月30日の大安でした。実質上馬主としての実感を持つようになったのはこの日からです。
それまでは生産牧場に預けてあり、アズキとコムギからしてみては、何回か見かけたことや触れられたことがある人でしかなかったと思います。

厩舎へ通い、だんだん彼女らがボクを認識してくれていくのが分かるようになりました。
それに比例してどんどん愛情も深まり、さらに大切な存在となっていきました。

朝調教も体験しました。寒さでかじかむ手足、カッチカチに凍った馬●ん。各厩舎のや騎手の取り組み姿勢の違い、馬の扱い方など、見えないようで見えてきます。

馬房の掃除もやりました。早朝とはいえ真夏に5~6房やったら2キロやせました。餌の食べ方や量、汚し具合や排せつ物の量など様々で、ここから日々の体調管理などを行っていることも学びました。

ブラッシングなどの基礎的なケアもし、自分で道具も揃えました。当初はおっかなびっくりに触っていたボクでした(平静を装っていましたが・・・)ので、自分でも驚いています。

本やネットなどで少しでも彼女らのためになることはないかと勉強もしました。ばん馬の情報は少なく難儀もしますが、乗馬との共通項などを探し、また、社会に於ける馬のあり方を考えることもしました。

自身の馬主としての考え方の根幹を構築するには、見聞のみに頼らず、自ら学び、そして実際に経験してみて、身を以ってみなさんのご苦労を知ることが必要なことであると考えています。
とはいえ、預託厩舎のみなさんには好き勝手をさせてもらいご迷惑もおかけしました。この時間があったからこそ理解できたことが多くあったと感謝しております。
アズキレース臨む



ばんえい競馬は明日から正月五日間連続開催です。
年内も29日まで開催してましたからね。
関係者のみなさんには休みがホンっとにありません。

おかげさまの感謝の気持ちを忘れずに平成27年度を迎えます。

みなさま良いお年を~!
コムギレースを終えて

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

12 : 22 : 49 | お知らせ:その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
【お知らせ】コムギ朝調教攻め馬中の事故について
2014 / 12 / 20 ( Sat )
みなさまこんにちは

いつもアズコムへの応援をいただきありがとうございます。
コムギに対しましては多くの声援やお見舞いも頂戴し、皆さまのお心遣いに心より感謝申し上げます。

 去る11月8日に発生した攻め馬中の事故にて受傷したコムギの怪我についてですが、治療が長引いており、現時点に於いてもレース復帰の目処どころか、未だに痛めた脚を地に着くことすらままならない状況です。
事故後1ヶ月以上が経過しても治癒の見込みが立たない重傷事故となった現在、これ以上事実を伏せ続けることについては、ファンのみなさまに対して不誠実と映り、不信感を募らせることになるのではと危惧し、一定の情報を公開する決断をいたしました。
 
 これまで皆さまへ情報公開を避けていた理由は、ファンのみなさまのばんえい競馬に対する印象を守ろうと思慮したのと、一部の関係者への配慮です。
事故態様の一部などが知られることにより、あらぬ風聞などに発展し騒ぎが大きくなることなどは望んで居りませんでしたし、結果としてコムギがレース復帰し、以前のように活躍さえしてくれれば事故の事実は忘れ去られること、時間が解決してくれることであると考えておりました。

 これまで、預託厩舎サイドからしかお話を伺うことができなかったのですが、12月5日15時30分より、事故現場に於いて、預託厩舎調教師、担当厩務員、騎乗騎手の関係者一同および主催者であるばんえい競馬馬場管理室ご担当による事故実況検分が行われ、馬主である私自身も立ち会いました。
 これにて事故には直接的には関与しない第三者である主催者立会いの下、厩舎、騎手双方から事情を伺うことができましたので、公正に自身の見解を持つべく環境が整いました。

当日の検分を元に作成された事故報告書の内容を以下にお知らせいたします。
また、報告書に対する補足事項について、私自身の主観などは控えさせていただき、関係者の証言(私からの質問に対する回答を含む)による事実のみ以下に記載いたします。

平成26年12月7日 帯広市ばんえい競馬 馬場管理員 作成

【事故の原因及び発生当時の状況】
 11月8日午前6時00分頃、〇〇〇騎手が練習走路においてコムギ号の攻め馬していたところ、電光掲示盤付近でかじ棒が外れ、先端部が左前肢蹄冠部に当たり負傷した。(外れた原因は不明)
 かじ棒を縛り直して調教を再開しようとしたが同馬が痛がったために中止し、ゴール付近で道具を外し、6時22分頃調教師の指示で迎えに来た□□□きゅう務員に引き渡した。
 〇騎手は多少出血はみられたが、かじ棒が当たった程度と判断しその旨を□□□きゅう務員に伝え引き渡した。

【事故発生後の処置】 帰きゅうする時も左前肢を痛がり明らかに異常であったことから午前9時、診療所に連れて行き、獣医師の診察を受ける。診察の結果、左前肢蹄冠部10cm~15cmの刺傷と診断される。尚、蹄内部に5cm程の木片が残存しておりそれを取り出し適正な処置を行った。

上記が報告書原文写しです(騎手名、担当厩務員名は伏せました)。

ここからが検分に立会った私が、関係者の証言を整理したものです。

【報告書に対する補足事項】
担当厩務員による証言

1、担当厩務員が馬装および馬そり等一式を装着しコムギを練習場へ連れて行き、騎手と「頼んだよ」、「おう」といったようないつも通りのやり取りで調教依頼をし、厩務員はX1地点にコムギを置いていく。
2、その際、梶棒を結んでいる左右の紐を目視および手で触って「紐が輪っかをくぐっているか(注1)」の確認を行い立ち去った。これらの確認は常に実施している    ※(注1)ほどけにくく正しく結ばれている状態を指す
14、騎手はたいしたことはないと言っていたが、出血の状態や三本脚で歩いていることから「やばいんじゃないかな」と思い引き取った。厩舎までは終始三本脚で歩いて帰った。

騎手による証言

3、騎手が担当する調教対象馬がコムギの他に既に5~6頭居たため約30分程度はコムギが単独で待機していた。
4、騎手はコムギのそりに騎乗する際、後方から目視のみで左右の紐の確認を「パッと見ただけ」で済ませた。今回に限らず、いつも目視点検のみで、触っての点検などは行っていない。
5、騎乗開始時は紐はきちんと結ばれていたはず。そう考える理由は、仮に最初からほどけていたのであれば、第一障害をUターンしたあたりですぐに梶棒が外れてしまうからである。
6、騎乗後、(練習走路の)スタートゲートは通らず、第一障害付近をUターンし、第二障害を越え、X2の地点で梶棒が脱落し、コムギの左脚蹄部に衝突した。その際、かじ棒は外に開かず、下に落ちるように外れ、すぐに左前脚に当たった。コムギは悲鳴などは上げなかったものの、左前脚を上げ、三本脚で歩いたので、1~2歩してから走路上ですぐに止めた。
7、後方からの他馬の衝突などを懸念し、騎手自身の手で左梶棒を結び直し、X3の地点まで歩かせた。その際もコムギは常時、三本脚でしか歩けなかった。
8、その際左前脚蹄部から出血があり、血が流れ、したたる程度であったが、梶棒は折れていなかったし、梶棒の先に血はついていなかった。手で触って確認もしたところ、梶棒が当たっただけではないかと判断した。
9、事故発生時、練習走路内に於いて横で誰かが練習をしていたが誰かは分からない。また事故後、数人に「どうした」などと声をかけられたが誰かは一切覚えていない。
10、X3の地点でA調教師に出会い、頼んだ訳ではないが預託厩舎へ電話連絡をしてくれた。その後5分程度で担当厩務員が迎えに来た。
11、担当厩務員へコムギを引き渡す際にも、かじ棒が当たっただけでたいした事はないと思っていた。
15、騎手になって約8年だが、これまで100回近く、梶棒が外れたり、切れたりした経験はしているし、他者が外れるのも良く見ている。が、重大事故に至ったことはなかったため目視点検で済ませていた。
16、事故後は騎乗開始時に目視のみならず、手で触って確認をするようにしている。

担当厩務員および騎手の証言

12、迎えに来た担当厩務員に事故の詳しい説明などはしていないが、「ちょっと当たっただけなのに大げさなんだわこの馬」などと言い引き渡した。※この発言について再確認をしたところ、担当厩務員は「騎手がそのように発言していた」、騎手は「あやふやだが言ったかもしれない。」とそれぞれ証言。
13、引渡時、騎手は周囲に数人いたが誰かは覚えていない。担当厩務員は全員は覚えていないが、B騎手がいたことは記憶している。

調教師と騎手の証言

17、事故発生状況について、騎手は「一回目の往路でコムギは歩いていた」、「かじ棒が脱落後すぐに停めた」と証言するが、調教師は、隣で攻め馬をしていた目撃者C調教師より、「何回か往復した後の事故であり、コムギは坂を駆け下りていた。かじ棒が外れた後に、騎手が直ちに停止することなく進んだことも事故に繋がった一因ではないか」といった趣旨の事情を聞いている。また、傷の深さから、歩いていて当たった際に生じる程度ではなく、走っている際に蹴り上げ、その勢いにより突き刺さったものではないかと考える。よって、騎手の証言は事実と異なるのではないかと疑義が呈された。
18、騎手は一貫して「一回目なので歩かしていた」、「かじ棒が外れた後にすぐ止めた」と証言するが、「では、一回目なのは間違いがないか」との最終的な再確認に対し、「何回攻め馬を行うかについては、決まって居らず、その時々で異なる。担当厩務員の迎えが遅いと判断した際は5回程度行うこともあり、今回も何回目かは断言できない。」、「1ケ月も前のことなので記憶があいまいである。」との証言であった。

本件事故の過失見解についての証言

騎手の見解
19、自身が騎乗していたので、自分が悪いとは思う。が、過失割合となると6:4か7:3(騎手自身が6ないし7)くらいだと思う。理由としては、かじ棒の程度(道具としての品質状態)が悪いから刺さったこと、かじ棒を結んでいる紐がほどけた理由が分からないからである。

調教師および担当厩務員の見解
20、担当厩務員は確認をしてから引き渡し位置に置いており、騎乗まで待機時間があるにも関わらず、騎乗時に確認を怠ったことが原因であり、攻め馬中は事実上、騎手単独管理となるのですべて騎手の責任である。


【かじ棒】そりと馬とを繋ぐの木製の棒で、左右各一本ずつある。簡単には外れない特殊な結び方で紐で縛られ固定されている。
【攻め馬】障害の練習で、一般的に騎乗騎手が単独で行う。競馬場スタンドから見て右から左(往路)、その後、左から右(復路)と往復し、複数回実施される。レース当日など、軽めに仕上げる際は往路のみで済まされることもある。

                                       以 上
事故報告書 全体



続きを読む

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

08 : 15 : 12 | お知らせ:その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
【お知らせ】コムギのケガについて
2014 / 11 / 13 ( Thu )
みなさんおはようございます。
コムギは、去る11月9日第4競走に出走予定でありましたが、11月8日朝調教にて
左前脚(蹄部)に怪我をし、よって、出走投票を取り消しました。

ご心配いただいた方、また、出走を楽しみにしていただいていた方々には大変ご迷惑を
お掛けいたしました。
現在も治療、療養中(食欲旺盛♪)ですので、みなさんの暖かい心をもって見守っていていただけると嬉しく思います。

また、応援馬主さん以外への、事故態様、治療経過、容態等の詳細についてのお話は差し控えさせていただいております。
元気な姿を見せる日までしばしお待ち下さいね~。



テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

08 : 05 : 21 | お知らせ:その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
お詫び:コメント投稿について
2014 / 06 / 25 ( Wed )
いつも「ばんえい十勝応援ばぬしくらぶ」にお立ち寄りいただき、「にわか馬主です ハイ。」をご覧いただきありがとうございます。

知人に指摘され分かったのですが、「非公開コメントが受付されない」とのことでした。
知人経由で当ページをご覧いただいていた方が、入会について詳しく聞きたいのだが、どうしたら良いのかと連絡があったとのことです。

昨日中に、非公開コメントを受付可能に設定をいたしましたので、お問い合わせなどありましたら、お気軽にお願いいたします。
個人情報漏えいとなりますので、公開コメントでの送信にはお気を付けくださいませ。

ご不便や、ご迷惑をおかけいたし誠に申し訳ございませんでした。

以後も、ばんえい競馬で一口馬主風の楽しみ方をご提供できるように努力いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします!すいませんでした。心よりお詫び申し上げます。

ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

04 : 56 : 27 | お知らせ:その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ばんえい競馬の写真に興味のある方必見!
2014 / 06 / 19 ( Thu )
いつも「ばんえい十勝応援馬主くらぶ」へお立ち寄りいただきありがとうございま~す。

アズコム預託厩舎の中島調教師の奥さん、なかじまゆかさんのオフィシャルページ内でもアズキとコムギの模様や、ばんえい競馬関係の写真などがご覧になれます。
なかじまゆかさんのページはこちら http://photoyuka.com/ 

関係者ならではのアングルにより撮影された写真や、ばん馬たちの様子などがご覧いただけるとおもいますよ~☆

ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

16 : 57 : 28 | お知らせ:その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |