その27 競馬場には魔物が住んでいる。
2014 / 09 / 23 ( Tue )
ドーモです!

二歳馬レースに注目しているみなさんドーモです。
21日 日曜日の9レース 青雲賞見ましたか?
まだ見ていない人は「ばんえい競馬オフィシャルサイトの過去映像へGO」

いやはやおっそろしいですね。これまで連対率100パーセントのぶっちぎり一番人気 ホクショウキズナくん、八着と残念な結果でした。なんってったってこれまで連対率100パーですよ、100パー(つまりこれまで全てのレースで一着か二着だったということ)。
ちなみにこのレース以後、ホクショウキズナの連対率100パーが崩れた現在でも、今年度デビューの二歳馬でこの連対率100パーの馬が一頭います。
その名はセンゴクエースくん。http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/DataRoom/RaceHorseInfo?k_lineageLoginCode=22142403478&k_activeCode=1知ってた?あっそ~ですか!

よりによって、なんでこの特別競走でこんな結果になるのかなーと関係者のため息が聞こえてきそうですわ。
ボクはというと「あ、これがばんえい競馬なんだー」と妙な納得感が沸き起こってきました。

どんなに強い馬だってレース展開が向かなかったり、騎手との呼吸が合わなかったり、調教や馬体の仕上がりが万全ではなかったりなどすればそりゃ勝てない。勝てないどころか見せ場すらないんだなーと。
レースを見極める「目」を養うってホント難しいなと改めて思った一番でしたわ。

馬主としての基本姿勢ってむずかしいな。

ボクは当初、勝敗を第一義には考えていなかった。どうすればアズコムがみなさんにかわいがってもらえるか、これまでばんえい競馬に慣れ親しみのなかった方々に目を向けてもらえるかってことを、そしてそれらを継続させること考えていた。
いわば楽しんでもらってナンボ、かつ自分も楽しんでナンボ。
でも現実は勝ってナンボだもんね。

前に少しふれたけれど(その17 モヤモヤしてた 2)http://banei-keiba.jp/blog-entry-31.html
それってば甘いんだなって。
多くの馬たちにとってはそれこそいのちがかかった勝負の世界。お客さんや関係者にとってもお金や名誉がかかった真剣勝負の世界だし。

まだまだ新米にわか馬主。
二歳馬のこの年度はすべてを先生に託し、勝ちを意識した姿勢を持とう。
一着以外は負けだ!(めっちゃキビシーなコレ。でも心のうちではよしよ~しよく頑張ってきたねーV なんだけどね)

そしてこの一年を振り返り、今後どうあるべきなのかを考えてみよう
そうしよう。

でもまぁバランスだよね。勝ちに固執して、大切なことを忘れかけたり失ったりしたくはないしさV
ではごきげんよう
ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

18 : 57 : 02 | ブログ:ばんえい競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
その22 数多くのブログはこうして更新されなくなっていくんだな~・・・
2014 / 08 / 09 ( Sat )
ドーモです!
おひさしぶりでした。かる~く死亡説などささやかれ始めると困るのでやって参りました。

ボクの近況。
そわそわしっぱなし。

そして信じてる。

以上。
アズキ いただいた手作りの飾りを付けて
コムギ パールの飾りを借りて


先月のレース終了以来、8/10の二歳牝馬オープン 白菊賞のことでアタマがいっぱい。もうね、落ち着きないこと三歳児の如し、挙動不審なことおのぼりさんの如しでした。

この間にも、たっくさんお伝えしたいことあったんですけどね。
まぁレースの批評なんぞをボクごときがしたってね~、映像見たら分かりますしねー。
もうなんども紹介「してきたので、過去映像の見かたは分かりますよね?
知ってた?あっそ~ですか。

では嬉しかったことをかいつまんで。

じわじわとなんですが、ボクを介してこのばんえい競馬を知ったり、興味を持ってくれる方が現れてきたこと。

 埼玉在住の先輩から、日曜のお昼にも関わらず 「いま、さま~ずの番組でばんえい競馬が紹介されているよ」と連絡が入り、すぐにチャンネルをチャカチャカ変えるも見つからず、たぶん地域限定放送の番組なんだろうなー。でも嬉しいっす。たぶんその先輩はボクが馬主になったことをきっかけにばんえい競馬そのものを知ったか、もしくは意識を深めてくれたであろうと思われ、超多忙であるその先輩は、地域や社会で色々と汗を流されている方なので、周囲に及ぼす影響力がとても高いと思われ(北の国から じゅんのナレーション風に)。
 十勝で知らない人はいないだろ~てくらいの十勝の某有名企業の代表者ともお知り合いだとか。(でも昔いぢめたからたぶん嫌われているだろうな~とのことでした。汗)

 香川県に住んでいる友人も、ひよっこりとアズキやコムギのことを応援してくれていたり。ん~、ひょっこりというかこっそりひっそりなのかな。。。この友人も、香川県に本社があり、十勝で大活躍中の某企業の方に友人がいるらしく、繋がりのつながりで更に興味を深めてくれたようなんですなー。

 埼玉?香川?いやいや、まだまだチッチッチですよ。

海外は台湾。
 親日国台湾からの留学生はなんと、ボクと知り合ったことで興味を持ってくれたのか、ばんえい競馬の研究レポートを書いて留学先の北大に提出してくれたんですよ。ばんえい競馬観たことないのに(笑)
 台湾で一番といわれる台湾大学からの留学生で、日本で例えるのならば東大生でしょうなー。
残念ながら今月22日に台湾に帰ってしまいます。帰る前にぜひにと、8/9、8/10は一緒に十勝観光と、ばんえい競馬案内をしてきまーす。
 台湾からの留学生メイちゃんの研究レポート

 道外から海外へとずずずぃ~と離れたと思いきや、そこはしっかりと自身の足元へ。
札幌近郊の応援馬主H田さんからまたまた素敵な贈り物が届きました。
ご自身が観戦した時に撮影してくれたボクらの応援風景や、アズキのレース模様の写真をDVDにまとめ、鹿追の草ばん馬を見学に行った際に購入してくれたのであろうお馬のマスコット。現像された写真と暑中見舞いが添えられて。
応援馬主H田さんいつもありがとう!

 小田和正さんの「たしかなこと」の曲にのって流れる映像はボクの心に響き、アズキとコムギを最期までといった「想い」が「信念」に変わった。

時を超えて君を愛せるか ほんとうに君を守れるか
空を見て考えていた    君のために今何ができるか


こういったみなさんからその友人知人へ、そしてまたそれらが続く。

伝播そして連鎖。


伝わり、拡がり、そして繋がっていく。
少しでもいい、小さくてもいい。

ボクがこのばんえい競馬やばん馬と関わったことにより何かがあれば。


日付が変わってしまったけれど、今日8月8日はずっといっしょだったあいりという犬の六周忌。
ガンに侵され、ついには歩けなくなってしまいましたが最期までいっしょでした。

ではごきげんよう。
 
ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking
 
※写真のサイズはそのうち直しますから~ 

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

00 : 47 : 06 | ブログ:ばんえい競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
その21 密かなやり取り
2014 / 07 / 15 ( Tue )
ドーモです!

 ここ数日、札幌もめっきりと夏らしくなり、日中はアイスのことばかり考えてしまう季節となりました。ボクはアズキバーが大好きですV こどもの頃は親が食べているのを見て、「アズキバーのどこがおいしいんだろう」と思っていたことが昨日のことのように思い出されます。あ、やっぱり昨日のこととは言い過ぎました。
さて今日は、応援や支援をしていただいている方々とのオハナシ。
コムギ初勝利のお祝いいただきました~

 こちらはお馬大好きのS井さんとT谷さんから。
 実はこちら、コムギが初勝利を挙げた6/8の翌日にお祝いとして届けていただいたものです。おやつのニンジン一箱に、上品なアズキにぴったりのきれいなお花まで・・・

ん?アズキ?え? アズキの初勝利は6/29ですからねー この時点では・・・ 完全なる間違いとのことでした。
アズキ コムギ ですね!

 いただいたこのニンジンは6/29に厩舎まで届けました。アズコムともレース前に少し食べさせたんです。からの~ お二人そろって勝利V Vでした。
あ、もちろん残りはレース後に全部食べちゃいました。コムギが5割、あとはアズキ3割と同厩のみなさん2割くらいの比率で。
コムギはまぁよく食べる!

実はこのレース前に食べさせる、これははじめてのことなんです。
以前、厩舎のゆかさんに聞いたら、「ん~いままであげたことないな~」とのこと。先生は「少しならだいじょうぶだ~」と言ってくれていたんですが、その時には普段と変わったことをしてなにか問題があるといけないなとあげませんでした。

でも今回はあげちゃった~ 人間の性で、本当は4~5本あげたのに、「先生、ニンジン少しだけ、2~3本あげましたから」と事後&虚偽報告。
このおやつニンジンパワーも手伝ってかV V ヒュ~

 でもここでマジメなハナシ。
このニンジンなど、競走馬が口にするものには細心の注意を払っているのです。競走馬ですから、禁止薬物なども定められており、万が一にでもそれらが含まれていたりすると・・・と、大変なことになってしまうのはお分かりのとおりです。
なので、厩舎では与えるニンジンなどもその流通経路などがはっきりしたものを選んでいるそうです。といっても、一般的にスーパーなどで流通している国内産地のもので構わないとのことで、安い外国産などは食べさせないとのことでした。知ってた?あっそ~ですか。

 もし、おやつニンジンをあげてみたいな~と思ってくれた心やさしいアタナ!いやいやアナタです、アナタ。
ぜひこちらの ばんえいタイガーマスク運動まで!http://banei-keiba.jp/blog-entry-28.html
きょうびはニンジンも高いですもんね~。ちなみにスーパーで売られている三本入りなど、一回のおやつ分でも本当にありがたいです。一箱など、高いお金をかけてもらわずともそのお気持ちが嬉しいんですから。あ、お望みとあれば食べている証拠写真もお渡ししますYO。

応援馬主さんよりいただきました!うれしいー!
 さてこちらは、NHKさんのBSプレミアムで放映されたドキュメンタリー「輓馬 この大地に生まれて」https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20140613-60-25165内の一部分に能検の模様が映っており、コムちゃんもうっすら出演中。分かる人には分かるうっすらです。仮に数値で表すのならば2ミリ5ミリ程度。
プレミアムなどという言葉にはほど遠いボクに優しい手を差し伸べてくれた応援馬主のH田さん。うれしかですばい。
ここ最近はテレビを見ることがほとんどありませんもので、そういったものを取り入れよう的発想は皆無でしたもので、
とっても感謝しております!本当はボクが色々としてあげなければいけないのになァ。。。ちなみにボクはテレビが大好きです。お笑いとかバラエティ番組とかいつまでも見ているタイプのヤツです。

 そんなボクも、少しでもこのばんえい競馬やばん馬の魅力を知ってもらおうと小さなことからコツコツと(きよし風)はじめました。

協賛していただいた記念レースの記念馬券に騎乗騎手のサインをいただきプレゼント!
6/29 協賛レースのお礼 記念馬券 1
6/29 協賛レースのお礼 記念馬券 2


これはたまたまだったのですが、6/29のアズコムそろって勝利Vの時には、協賛レースになっており、ご協賛いただいた方々と勝利馬が口取り写真を撮影できるんです。ボクにとっても初口取りでしたのでテンションUP!!しかも一日二回も!!
6/29コムギ二連勝!協賛レース口取り写真

アズキの競走には東京都から、コムギの競走には兵庫県からのお客さまでした。兵庫県の方は、おばあちゃんの還暦のお祝いサプライズ協賛レース!泣かすね~
ぜひまた北海道へお越しの際はばんえい競馬場へ、そして再び協賛レースを楽しんで下さいね~!

ボクは実はこういった道外のお客様など、ボクと同じように、もともとは馬や競馬に縁遠い方々にどれだけ支持してもらえるか、魅力を感じてもらえるのか、ここを特に考えていきたいな~と思っているんです。


アズキの馬券には西謙一騎手、コムギの馬券には安部憲二騎手のサイン入り!

さて、ここで問題です。ジャジャン

「この記念馬券はもちろん当たり馬券なのですが、サインされた馬券は換金できるでしょうか?」


 協賛レースについてはこちらから。当ページにもリンクがありますばんえい十勝オフィシャルサイトからドーゾ
http://www.banei-keiba.or.jp/info/racekyousan.html
協賛レース名は、競馬ブックさん、ばんえい金太郎さんの競馬新聞にも表示されますし、出走時の実況でも読み上げられますので良い思い出や記念になると思いますよ~。あ、ぜひ「副賞は馬主へ(笑)」

あ、答えはまた今度ね!
ではごきげんよう。


ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

19 : 44 : 29 | ブログ:ばんえい競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
その18 ばんえい競馬のナゾ その1
2014 / 06 / 28 ( Sat )
ドーモです!

明日の第1レースにはアズキが、第4レースにはコムギがそろって出走しますのでみ・て・ね!

というわけで、しつこいかもしれないですが、ばんえい競馬の観戦は「ばんえい競馬オフォシヤルサイト」からドーゾ。当ページにもリンクが貼ってあります。http://www.banei-keiba.or.jp/

 いやね、前から気になってたことがあるの。ライブ映像や過去映像を見ている時に、第二障害越えるあたりで「ハァーッ、ハァーッ」って気合入れている男性の力強い掛け声。
完全に腹から声でてるわねアレは
アレはどこの音声を拾ってるんだろう。第二障害付近にマイクなどないだろうから、第二障害の傍らで応援しているヒトの声ではないと思うんだよなー。たまにヤジっぽいのもうっすらエッセンスされてるから、スタンド席なのかなー??
映像見てるとめっちゃ良く聞くような気がするのはボクだけかな。
しかも同じ声がひんぱんに聞こえるんだけどさ、ドリフとかで良くおばさんの笑い声とか挿入されてるじゃない。あんな感じで臨場感を醸し出そうとしてんのかなーとか思ったりしてた。

 ちなみに、あの気合は馬にとって効果があるんだろうか?二歳馬だと、1枠や8~10枠に多い一番端の枠は、厩務員や観客などの声援で集中できなくなったりするって聞いたことがあるんだけれど、気合入れはどーなのかな。

いままで観戦したことないので分からないんだけれど、草ばん馬はとにかく迫力満点らしい。荒々しいというのか、猛々しいというのか、とにかくスゴイんだって。知ってた?あっそ~ですか。
草ばん馬経験のある馬たちにとっての「気合」はそんな場面を思い出して緊張感が高まり、効果的なのかな~。

 まあ、音とは関係ないけれど、二歳馬戦で、端枠の馬が外側によれていったりしているのは実際にも何度か見たことがあるので、やっぱレースに慣れていない二歳馬にとっての最内枠、最外枠は好ましくないんだろうなー。でもなー中枠は、コムちゃんみたい(その4参照http://banei-keiba.jp/blog-entry-4.htmlに隣の馬が自分の走路に侵入してきたときなど、かわすこともできないからな、その場面によっては凶と出ることもあるんだろうしね。

 映像といえば、能検含めてこれまにアズコムが出走した競走はすべて撮影してあるので、それについては応援馬主さん限定でアップしようかなーと計画中。最初の頃は、ビデオ片手に走って追いかけてたからブレまくりで、見てるとたまに気分悪くなったりするけどドンマイ!最近は三脚使い出したりと、少しずつ成長していっていますV
アズコムが入厩時にトラックから降りてくる際の映像もスマホ撮影だけれどあるし。ささやかだけれど会員である 応援馬主さんへの特別感。 支援に対する感謝のき・も・ち。
ではごきげんよう。

ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

13 : 53 : 29 | ブログ:ばんえい競馬 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
その15 30万ねらい
2014 / 06 / 07 ( Sat )
帯広市より コムちゃんの賞金通知
ドーモです!

昨晩から強風にさらされている札幌です。旅人のコートも吹き飛ばされそうな勢いですわ。
突然ですが、ばんえい競馬は賞金が安いんです。ばんえいに限らず、地方競馬全般にそうなんでしょうが、その他の競馬についてはごめんなさい、よく分かりませんが、ちらっとそう見聞きしたことがあります。
一着 六万円、 二着 一万二千円、 三着 六千円、四着 なし とか。レースによって異なったりもしますので一律ではありませんが、こーんな感じ。二歳馬のレースでは、アズキのデビュー戦は五着で四千円でした。ホント、九割以上の馬主さんが赤字になるようです。
「三十万」。当初はボクもよく分かっていなかったのですが、関係者との会話から「三十万逃した」や「まあ、まだ三十万のチャンスある」など、時折ぽろぽろこぼれてきたフレーズです。
何のことやらとおもっていたら、素敵な事業があったんですね!
その名も「優良二歳馬導入促進事業」ジャジャン!新馬戦で三着までに入賞したお馬さんには別枠の賞金をだすからガンバレ!てなことらしいです。知ってた?あっそ~ですか。
コムちゃんのデビュー戦の時には、そんなこととはつゆ知らずも、アズキのデビュー戦の時には知っちゃったもんですから、密かに「もし30万獲得したらどうしょう」など考えたことは秘密です。みなさんがよく「宝くじ当たったら~」的なコト話すアレとおんなじと思って勘弁してくださいな。
コムちゃんはデビュー戦三着でしたからね~、この事業三万六千円獲得ヤッホーしたんです!
この事業詳細は、当ページにリンクがあります、「ばんえい競馬馬主協会」内「ばんえい競馬実施方針」ページに記載されております。
http://www.banei-owners.jp/ばんえい競馬実施方針/
こちらによると、新馬戦だけではなく、もうワンチャンス。「二歳産駒特別競走」にも一着二十五万円が適用されるようです。このレースは、「北央」、「南北海道」、「釧路」、「北見」、そしてアズコム出身の「十勝」の五地区で選抜戦が行われ、各一着、二着となった者らで「ヤングチャンピオンシップ」という重賞レースに出走できる、いわば地区予選です。
ま、まぁ、とりあえずあきらめておくけどさ。

馬主の立場とすると、この事業があるから新馬を買おう!とまではならないですが、励みにはなりますね。でも、一着のみ10万くらいの賞金に設定し、一律に新馬戦の出走手当てを三、四万上げてくれるほうが嬉しいかもしれないな。だって、強い仔らにぜんぶ持って行かれちゃうんだも~んシクシク。

人間界にも様々な教育方針があるように、お馬界も然りのようです。とにかく「勝ち」を目指すのもひとつで、競走である以上、当然の事だと思いますし、厳しい表現をするならば、その成績如何に馬たちの「いのち」がかかっているんですから。
預託先の中島厩舎さんでは、とにかく馬体を労わり、無理はさせないといった方針です。ボク自身も同じく、やはり無理させてまで、成績を重視したり、賞金を稼いだりしたいとは思いません、もちろん甘やかすのとは違いますが。あ、勘違いしないでくださいね、もちろん賞金は欲しいですV
故障などすることなく現役生活を過ごし、引退後は繁殖牝馬や、それこそファンのみなさんに近い存在でふれあいの機会を持てる、そして、そして、みなさんに見守られながらゆっくりと静かに目を閉じることができる。そんな生涯を送らせてあげたいと考えております。
そのためには「絶対に最期まで」という強い気持ちと、そして「お金」が必要です。
競走馬たちの現実を知れば知るほど、夢物語と笑われるのかもしれないんですけどね。
やろう、がんばろうと思っても実現できないことはたくさんあります。でも、最初から「絶対に最期まで」と誓っていなければまぐれでも起きないかぎり、絶対に叶う訳ないですしね。そう、宝くじ当たるとかね。
さて、本日はアズが、明日はコムが出走します。無事にゴールを迎えてね。それだけ、ただそれだけ。
ではごきげんよう。
ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking

※写真は帯広市から送られてきた案内。いたってご丁寧。
続きを読む

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

02 : 49 : 18 | ブログ:ばんえい競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>