ごあいさつ
2014 / 06 / 18 ( Wed )
ようこそ ばんえい十勝応援馬主くらぶのページへ!

 お立ち寄りいただいたみなさんは、馬(ばん馬)が好き、競馬(ばんえい競馬)を楽しみたい、競走馬の余生を支えたい、馬文化や歴史に興味がある、十勝という地域そのものや、馬などの写真が好き といった方々ではないでしょうか。

 実はボク自身、十勝の自然、食などにとても魅力を感じており、訪帯(ばんえい競馬の競馬場は十勝 帯広にあります)の際にふらりと競馬場へ立ち寄った、本当にそれがすべての始まりで、これまで特に馬や競馬に慣れ親しむ環境になく、むしろ縁遠い存在であったといった方が良いくらいです。それが馬主資格と競走馬を取得することになるなんて・・・ 自分自身が一番驚いております。
でも良かった。心からそう思えます。こればかりは個々の価値観でしょうが、短期間であっても掛け替えのない多くの喜びや感動を得ることができました。


 たまたま観光で立ち寄った帯広競馬場敷地内にある馬の資料館で、馬たちが北海道開拓に大きく寄与したこと、軍馬として多くの馬たちがこの十勝から出征していったことなどを知り、北海道に住む者としてそれらを知らず、また、意識しなかった事を恥ずかしいとさえ思い、自分にもなにか出来ることはないかと考え馬主資格取得に至りました。

 そこから、過去に存廃問題を乗り越えつつも決して楽観視できる状況にないばんえい競馬を自分らしく支えたい。他人の価値観に左右されることなく自分らしく応援したい。そういった想いが芽生えるまでに至りました。一人の力には限りがありますが、夢を語り合い、少しずつ、少しずつ、みなさんの想いを積み重ねていくことが出来る場に育てていきたいと考えております。

 百聞は一見に如かず、新人馬主と一緒に、世界でここだけ、世界一の楽しみ方をみつけませんか~!


                       代表馬主 だて なおと

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

22 : 53 : 55 | 【ごあいさつ】 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
その15 30万ねらい
2014 / 06 / 07 ( Sat )
帯広市より コムちゃんの賞金通知
ドーモです!

昨晩から強風にさらされている札幌です。旅人のコートも吹き飛ばされそうな勢いですわ。
突然ですが、ばんえい競馬は賞金が安いんです。ばんえいに限らず、地方競馬全般にそうなんでしょうが、その他の競馬についてはごめんなさい、よく分かりませんが、ちらっとそう見聞きしたことがあります。
一着 六万円、 二着 一万二千円、 三着 六千円、四着 なし とか。レースによって異なったりもしますので一律ではありませんが、こーんな感じ。二歳馬のレースでは、アズキのデビュー戦は五着で四千円でした。ホント、九割以上の馬主さんが赤字になるようです。
「三十万」。当初はボクもよく分かっていなかったのですが、関係者との会話から「三十万逃した」や「まあ、まだ三十万のチャンスある」など、時折ぽろぽろこぼれてきたフレーズです。
何のことやらとおもっていたら、素敵な事業があったんですね!
その名も「優良二歳馬導入促進事業」ジャジャン!新馬戦で三着までに入賞したお馬さんには別枠の賞金をだすからガンバレ!てなことらしいです。知ってた?あっそ~ですか。
コムちゃんのデビュー戦の時には、そんなこととはつゆ知らずも、アズキのデビュー戦の時には知っちゃったもんですから、密かに「もし30万獲得したらどうしょう」など考えたことは秘密です。みなさんがよく「宝くじ当たったら~」的なコト話すアレとおんなじと思って勘弁してくださいな。
コムちゃんはデビュー戦三着でしたからね~、この事業三万六千円獲得ヤッホーしたんです!
この事業詳細は、当ページにリンクがあります、「ばんえい競馬馬主協会」内「ばんえい競馬実施方針」ページに記載されております。
http://www.banei-owners.jp/ばんえい競馬実施方針/
こちらによると、新馬戦だけではなく、もうワンチャンス。「二歳産駒特別競走」にも一着二十五万円が適用されるようです。このレースは、「北央」、「南北海道」、「釧路」、「北見」、そしてアズコム出身の「十勝」の五地区で選抜戦が行われ、各一着、二着となった者らで「ヤングチャンピオンシップ」という重賞レースに出走できる、いわば地区予選です。
ま、まぁ、とりあえずあきらめておくけどさ。

馬主の立場とすると、この事業があるから新馬を買おう!とまではならないですが、励みにはなりますね。でも、一着のみ10万くらいの賞金に設定し、一律に新馬戦の出走手当てを三、四万上げてくれるほうが嬉しいかもしれないな。だって、強い仔らにぜんぶ持って行かれちゃうんだも~んシクシク。

人間界にも様々な教育方針があるように、お馬界も然りのようです。とにかく「勝ち」を目指すのもひとつで、競走である以上、当然の事だと思いますし、厳しい表現をするならば、その成績如何に馬たちの「いのち」がかかっているんですから。
預託先の中島厩舎さんでは、とにかく馬体を労わり、無理はさせないといった方針です。ボク自身も同じく、やはり無理させてまで、成績を重視したり、賞金を稼いだりしたいとは思いません、もちろん甘やかすのとは違いますが。あ、勘違いしないでくださいね、もちろん賞金は欲しいですV
故障などすることなく現役生活を過ごし、引退後は繁殖牝馬や、それこそファンのみなさんに近い存在でふれあいの機会を持てる、そして、そして、みなさんに見守られながらゆっくりと静かに目を閉じることができる。そんな生涯を送らせてあげたいと考えております。
そのためには「絶対に最期まで」という強い気持ちと、そして「お金」が必要です。
競走馬たちの現実を知れば知るほど、夢物語と笑われるのかもしれないんですけどね。
やろう、がんばろうと思っても実現できないことはたくさんあります。でも、最初から「絶対に最期まで」と誓っていなければまぐれでも起きないかぎり、絶対に叶う訳ないですしね。そう、宝くじ当たるとかね。
さて、本日はアズが、明日はコムが出走します。無事にゴールを迎えてね。それだけ、ただそれだけ。
ではごきげんよう。
ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking

※写真は帯広市から送られてきた案内。いたってご丁寧。
続きを読む

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

02 : 49 : 18 | ブログ:ばんえい競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
その14 HOTひと安心
2014 / 06 / 04 ( Wed )
ドーモです!

やったぜばんえい9900万円黒字。当初、7000万程度と見込んでいた黒字が大幅UPですね。みなさんヤホートップニュースなどで既にご覧になられてますよね。ここでまた、更なる銀の匙との相乗効果が生まれると良いな~と思っております。
ボクはまだ見ていないのですが、この「銀の匙」って、既に海外の台湾でも上映されているんですよ。以前、ボクの案内で帯広、音更、中札内、池田、陸別、足寄に立ち寄る十勝観光を一緒にした台湾の友人が教えてくれました。「十勝の価値」をしっかりと認識して帰ってくれましたV
台湾のセブンイレブンでは、十勝産生乳100パーセントのソフトクリームがプチブーム中。知ってた?あっそ~ですか。
北海道で一番多い海外観光客は台湾からです。東日本大震災でも世界でどこよりも多い義捐金を送っていただけたのも台湾でした。こうしたきっかけから、台湾を初め、世界中の国から十勝、そして帯広競馬場にも立ち寄ってくれる方々が増えてくれるといいな。そして興味を持っていただき、名実ともに「世界でひとつ」と発していけることを願っています。あ、ボクのこと観光大使候補とかに入れてもいいですよ。お受けしますキリリ。

さて、6/1に無事デビュー戦を終えたアズキ。やっとこコムギと同じ土俵に上がれました。
結果は、ゴール前では三着あるかっ!との色気も見せての5着。健闘してくれました。
障害で体勢を崩した時にはヒヤリともしたんですが、「障害に重点を」との指示が先生から出ており、その指示を忠実に守っていた渡来騎手は慎重に手綱を操り、見事に立て直してくれました。先生を初め、何人もの方から将来的には期待が出来るレース運びだったと。
ボク自身は的確な評価などできませんが、見ていて終始安心感がありました。アズキは派手さはないけれど、着実に力をつけてきてくれているんだな~と実感した一日でしたよ。
みなさんが観戦している走路横を「エキサイティングゾーン」というのですが、ここではコムの時と同様、「アズキ~」と応援してくれている方々が多く見られホントうれしい限りです。
スタート前など、ちっさい女の子が「おとうさーん、アズキがんばるかなー」、「アズキくるかなー」など連れ添ったお父さんに何度も話しかけており、「あ~やっぱかわいいなまえだから的な応援してくれているんだなー、こどもたちに注目してもらえるような名付けにして正解だったな~」と、心のなかでにんま~りしながら、その子が手に握った馬券に目をやると、「1番 ムサシコマ 100円」と書かれており、「うんうん、それとこれは別ね!うんうん」社会の厳しさを目の当たりにしました。
この日アズキは二番人気、これまでの能検実績から行くともう少し人気薄になると思うんですが、アズもコムも数値的に見る実績以上の人気が出るんです。それはそれでやっぱ嬉しいもんだV

もうひとつとっても嬉しいのが、今回アズキがつけた飾り。これは厩舎のゆかさんとフェイスブックで知り合った方が送ってくださった手編みの「エコたわし」。たわしといっても、もはやぬいぐるみやマスコットにしか見えない出来栄えです。こうして道外にお住まいの方々に「ばんえい」や「ばん馬」を知ってもらい、それらがさらにその方々の周りに広がるってこんなに嬉しいことはないです。改めて感謝。
ボクはばんえい発展のためには、これまで大きくばんえいを支えてきた根強いファンや地元の方々がこれからも継続し応援、支援していくことはもちろんのこと、新しい層の取り込みが必要だと強く考えております。「これまでばんえい競馬を楽しんだことがない」、「十勝管外や道外に在住している」、「海外観光客」などの新しい層にもっともっと知ってもらうことはできないかな、そういった方々が楽しめる方法はないかなと考えてこのページを立ち上げました。だって、そういった方々って「未知」じゃないですか。いままでと異なる風が巻き起こる可能性秘めてると思いませんか?

ボク自身、馬主として自分の馬を持ち、馬とのふれあいの場を持つことによって、これまでとは大きく、ホントに別次元っていえるくらい、その楽しみ方が変わりました。馬主になったんだから当たり前といえばそこまでなんですが、これを一人で楽しむより、どうせだったらみなさんにこの楽しみや喜びをおすそ分けして、その代わり少しの負担もしてもらってみんなで楽しんだ方がぜったいいい!って。だから、「応援馬主」と名づけ、「一口馬主」のようにばんえいを楽しんでもらえる方法はないかなと考えたんです。「金かよ!」と思われる方もいるかもしれませんが、やっぱり、価値観が共有できないと仲間として長続きしないだろうし、大組織で運営している訳ではなく、ボク個人での運営ですから、大人数の方をとりまとめることなんてできないので、そのためにも一定の費用は負担してもらうべきだと考えました。入会金20000円、月会費2000円(税別)です。
直感で、高いと感じるか、相応、もしくは安いと感じるか、人それぞれです。現に、両方の評価をもらってます。
次に中身。サービス内容などですが、現在、ばんえい競馬には一口馬主制度がありません。そんな中で馬主のボクが出来ることはこれだと考え、それこそ目的は「一口馬主のように、ばんえい競馬を楽しみ、馬の余生などの支援をしてくれませんか」です。どうやったらボクと同じような、もしくはそれ以上の喜びを以って、会員である「応援馬主さん」に満足してもらえるかと考えておりますので、どんどん要望などを提案してもらい、実現していきたいと考えています。
一番アタマを悩ませているのが、所有馬アズ&コムとの直接的なふれあいです。言っても公正競馬ですから、厩舎地区への出入りには厳しい制限があり、また、馬を外に出すことも簡単なことではありません。やっぱり触って欲しい、近くで見て欲しいんです。これが何よりも一番です。先生やゆかさんにも色々と相談しました。もう少し会員さんが増えたら、一案を持って、このばんえい競馬を取り仕切っている帯広市のばんえい競馬振興室に相談してこようと考えております。
ボクは勝つことや、稼ぐことを目的としてばんえい競馬の馬主になった訳ではありません。
なんとか、ない知恵しぼって、会員のみなさんに喜んでもらえるように努めますね。
ではごきげんよう。
ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking


※写真は送ってもらった「エコたわし」をアズキに飾り付けるゆかさん。マイ脚立の上にて。
マイ脚立でアズキに飾り付けをするゆかさん アズキと大きさ比べてみて!
続きを読む

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

02 : 43 : 30 | ブログ:アズキとコムギ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム |