その28 次なる大一番
2014 / 09 / 25 ( Thu )
ドーモです!

秋の夜長にドーモです。

さあさあ、過ぎ去ったいちい賞のことは忘れ、次なる大一番は二歳のみんなにとって初めての重賞となる ナナカマド賞 が10月12日に控えております。
前走のいちい賞の成績が芳しくなかったため、コムギはA-1クラスからA-2クラスへ降級。。。格付けは9位から13位へ・・・

このいちい賞の分析を先生から聞いて、先生さっすがやなあ~と思いましたよ。
あーでこーでと聞いて、自宅で映像を確認して見たら、「あーなるほどー、あーここかー、こういった要素もあるんだー」と納得。またひとつ勉強になりました。
ボクなんぞ何度も映像を見ても自力では絶対に気が付かなかったろーなと思う。
それを見逃さないんだなー。さっすがプロやねV。
ボクは別に、誰がいいの悪いのとそーんなことではなく、都度、結果がよくても悪くても振り返りを行うことをしています。これがまた、見識が深まる(ような気がする)というか「見る眼」が養われる(ような気がする)んですなー。

さてさて、A-1クラスとは二歳馬最上格で、基本、上位10頭が位置づけられます(オープンクラスとも呼ばれます)。原則、このクラスに所属する上位10頭(内、いちい賞と青雲賞一着馬は既に出走権GETしております)がナナカマド賞に出走できるワケなんですな。

「はじめてのじゅうしょう」ドレミファドレミファ♪って聞こえてきそう。
やっぱ親心としてはコムギにはぜひ出て欲しいよね。

とは言っても、なんども言うように「勝ってナンボの厳しい世界」成績がすべてです。
コムギもこのまま格付け13位のままでは出れないんですなー。
ではどうすればナナカマド賞に臨むことができるのだろうか。

その道はただひとつ。

次の競走で一着を獲る。ただそれだけ。

Aクラスの一着賞金は八万円なので、コムギの現在までの獲得賞金と合わせるとA-1クラスへ復帰できる。
上位の一部を除けば、A-1クラスの格付けといっても数千円や一、二万程度の獲得賞金差の馬たちでひしめき合っているんですなー。
次開催でA-1クラスに昇級、昇格できる馬は2頭。
AクラスのA-2、A-3で一着を獲った二頭と現在A-1クラスで下位の馬と入れ替わりです。
ホントこの番組編成(レースの組み立て)なんかもよくできてるなーと感じます。
その時の勝ち負けだけではなく、こういったばんえい競馬の構成などにも目をむけると楽しさ倍増だと思いますよ。

ちなみに今年度の二歳馬一着賞金はAクラス8万、Bクラス7万、CとDクラスが6万と格によって違うんですよ。
知ってた?あっそ~ですか!

A-2クラスに降級するといままでのA-1クラスの相手よりはと~っても楽になる。ここで勝つことは過去成績だけで考えるとコムギにとってはそう難しいことではないと感じる。
でもねー、ここにはね魔物が住んでいるからね。

実際はそう簡単ではないんだよねテヘ。

あ、できる仔ばっか可愛がってると思われるとアレなんで今度はアズキのことを書こう。
ではごきげんよう。
ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking


続きを読む

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

00 : 12 : 21 | ブログ:アズキとコムギ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
その27 競馬場には魔物が住んでいる。
2014 / 09 / 23 ( Tue )
ドーモです!

二歳馬レースに注目しているみなさんドーモです。
21日 日曜日の9レース 青雲賞見ましたか?
まだ見ていない人は「ばんえい競馬オフィシャルサイトの過去映像へGO」

いやはやおっそろしいですね。これまで連対率100パーセントのぶっちぎり一番人気 ホクショウキズナくん、八着と残念な結果でした。なんってったってこれまで連対率100パーですよ、100パー(つまりこれまで全てのレースで一着か二着だったということ)。
ちなみにこのレース以後、ホクショウキズナの連対率100パーが崩れた現在でも、今年度デビューの二歳馬でこの連対率100パーの馬が一頭います。
その名はセンゴクエースくん。http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/DataRoom/RaceHorseInfo?k_lineageLoginCode=22142403478&k_activeCode=1知ってた?あっそ~ですか!

よりによって、なんでこの特別競走でこんな結果になるのかなーと関係者のため息が聞こえてきそうですわ。
ボクはというと「あ、これがばんえい競馬なんだー」と妙な納得感が沸き起こってきました。

どんなに強い馬だってレース展開が向かなかったり、騎手との呼吸が合わなかったり、調教や馬体の仕上がりが万全ではなかったりなどすればそりゃ勝てない。勝てないどころか見せ場すらないんだなーと。
レースを見極める「目」を養うってホント難しいなと改めて思った一番でしたわ。

馬主としての基本姿勢ってむずかしいな。

ボクは当初、勝敗を第一義には考えていなかった。どうすればアズコムがみなさんにかわいがってもらえるか、これまでばんえい競馬に慣れ親しみのなかった方々に目を向けてもらえるかってことを、そしてそれらを継続させること考えていた。
いわば楽しんでもらってナンボ、かつ自分も楽しんでナンボ。
でも現実は勝ってナンボだもんね。

前に少しふれたけれど(その17 モヤモヤしてた 2)http://banei-keiba.jp/blog-entry-31.html
それってば甘いんだなって。
多くの馬たちにとってはそれこそいのちがかかった勝負の世界。お客さんや関係者にとってもお金や名誉がかかった真剣勝負の世界だし。

まだまだ新米にわか馬主。
二歳馬のこの年度はすべてを先生に託し、勝ちを意識した姿勢を持とう。
一着以外は負けだ!(めっちゃキビシーなコレ。でも心のうちではよしよ~しよく頑張ってきたねーV なんだけどね)

そしてこの一年を振り返り、今後どうあるべきなのかを考えてみよう
そうしよう。

でもまぁバランスだよね。勝ちに固執して、大切なことを忘れかけたり失ったりしたくはないしさV
ではごきげんよう
ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

18 : 57 : 02 | ブログ:ばんえい競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アズコムの次走☆
2014 / 09 / 23 ( Tue )
十勝といえばアズキとコムギ。ばんえい競馬もアズキとコムギ。あ、皆さんこんにちは。

さて、
アズキは次走が10走目となり 9月29日(月)第二競走 15:20発走
騎乗予定は渡来心路騎手
コムギは次走が13走目となり 10月4日(土)第五競走 17:05発走
騎乗予定は西 謙一騎手
です。
アズキは前々走、ちょっぴり復調の気配を見せつつも、またもやペッコペコプーでした。そんなこんなで次走はC-3クラスからC-4クラスにまたまた降級となります。
※二歳馬クラスはA~Dクラスで、付されるアルファベットや数字が若い方が上位クラス。最上格はA-1クラス。

コムギの前走は特別競走のいちい賞でしたがこちらもショボボーン。アズキと仲良くそろって降級 A-1からA-2クラスです。

二人とも結果は出ないけれど元気だぜヒュー。

当日、帯広競馬場へお越しいただけない方は当ページにリンクがあります「ばんえい十勝オフィシャルサイト」
の動画配信 インターネットライブ&VOD より、当日のライブ映像はもちろんのこと、過去レース映像もご覧いただけます。

サイト画面内、中央上の方にあるテレビ画面のような部分の下にボタンがあります。また、画面右側にあるカレンダー部分からもご覧いただけます
http://www.banei-keiba.or.jp/

ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

18 : 30 : 29 | お知らせ:所有馬出走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
その26 いちい賞から
2014 / 09 / 14 ( Sun )
ドーモです!

さあさあ本日は報知新聞社杯 第27回いちい賞 どえす。
先日の白菊賞と同じく二歳牝馬限定の特別戦ですからね、そりゃドキドキしますわね。
でも牝馬戦も二回目ですからやや慣れた感と、勝敗は兵家の常ですし、そういった意味で必要以上に特別な期待はしないようにしていますし。しょ~じき白菊賞の時ほどではないです。
そ、そりゃ超勝ちたいけど。

これまでコムギ含め数頭の牝馬の活躍が目立っていましたが、白菊賞で一気に躍り出たタキニシサンデーを筆頭にドンドコドンドコ強い牝馬たちが出てくるんでしょうね。二歳馬戦を観戦する視点からはとても楽しいもんです。
馬主という視点からはオイオイ勘弁してよなんですけどね。

今回のいちい賞はボクにとって、牝馬限定戦ですからぜひとも勝ちたいゼーーット & 二歳牝馬初重賞 ナナカマド賞への出走をさせたいゼーーット のふたつのゼットがあるんです。
ふたつのZです。ん?

いちい賞で一着入線馬はナナカマド賞の出走権を獲得できる&獲得賞金も上位になるので今回一着になればナナカマド賞出走についてはまーったく問題なし。
知ってた?あっそ~ですか。

が、それ以外の場合が超微妙。
当然のことながら獲得賞金順に出走権を得ていくんでしょうが、現在コムギの格付けは9位。
10位までが出走できるので、現時点で格下馬が出走権を得たり、次開催でコムギがヘボヘボならば順位が入れ替わり~の下がり~ので、コムギアウト~ の可能性があるんです。
来週の二歳牡馬限定の特別戦 青雲賞一着馬も優先出走権獲得。次開催ではA-2、A-3の一着馬もA-1に昇格するでしょうから、ホンットにわからん。
※コムギは現在A-1クラス、A-1クラスの10頭がいわゆる二歳オープン馬です。
こういったことって一ファンの時にはまったく考えたことなかったです。ホントに目先のレース、それも新聞に載っている前五走データとパドックで「あ、あれ調子よさそうじゃん」という無根拠な感覚からしか見てませんでしたからね。
以前も書きましたが、よくも悪くもいろいろと考える、悩めるって楽しいもんですよ!

ナナカマド賞までは本日含め、あと二走します。
元気にいってらっしゃい!コムゾーくん。



ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking
続きを読む

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

09 : 50 : 06 | ブログ:アズキとコムギ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アズ&コムの次走は!
2014 / 09 / 13 ( Sat )
え?次走?
あ、明けて今日だよっ!

アズキは次走が9走目となり 9月13日(土)第二競走 15:20発走
騎乗予定は前走に続き渡来心路騎手
コムギは次走が12走目となり 9月14日(日)第九競走 19:30発走
騎乗予定は西 謙一騎手
です。
14日の第十競争は 第22回銀河賞(BG2)もあるでよ。あるでよというか、こちらがメインレースだけどねV

アズキは前走、復調をプンプン匂わせ4着入線するも、降級となり次走はC-2クラスからC-3クラスへ。
※二歳馬クラスはA~Dクラスで、付されるアルファベットや数字が若い方が上位クラス。二歳A-1が最上位クラス

コムギの前走は、コムギにしては人気薄の五番人気からの~ ズザザザーーーッ!こんな音が聞こえてきそうなくらいの猛追で、デビューから連対率100パーセントの猛者、ホクショウキズナくんに0.4秒差に詰め寄りーの二着でした。

さあ、今期最後の牝馬限定特別戦 報知新聞社杯 第27回いちい賞(2歳牝馬オープン)
いちい賞(二歳牝馬限定戦)と翌週の青雲賞(二歳牡馬限定戦)一着馬は、二歳馬初の重賞で、10月12日開催のナナカマド賞への優先出走キップが手渡されます。(この切符は大黒屋へ行っても買えません。)
元気いっぱいいって来いやーーーーっ!

当日、帯広競馬場へお越しいただけない方は当ページにリンクがあります「ばんえい十勝オフィシャルサイト」
の動画配信 インターネットライブ&VOD より、当日のライブ映像はもちろんのこと、過去レース映像もご覧いただけます。

サイト画面内、中央上の方にあるテレビ画面のような部分の下にボタンがあります。また、画面右側にあるカレンダー部分からもご覧いただけます
http://www.banei-keiba.or.jp/

ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

00 : 08 : 01 | お知らせ:所有馬出走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
その25 なるほどザ秋の祭典
2014 / 09 / 05 ( Fri )
ド~モ~!(今回は楠田枝里子風)

9月になり残暑感はあるものの、夏終了ですな。
さぁばんえい秋の戦いが始まります。
早速、明後日7日にアズコムのお二人はレースを控えておりますが・・・

その向こう側。

実はコムギの次走はすでに決まっていて翌週、9月14日(日)です!
ジャジャ~ン 報知新聞社杯第27回いちい賞二歳牝馬オープン に出走するから。

二歳馬にとって、今年度二回目の特別競走。しかも牝馬限定戦。
ちなみにさらに翌週9月21日は二歳牡馬限定戦の青雲賞です
知ってた?あっそ~ですか。

単に目の前のレースの勝ち負けに一喜一憂するのみならず、ローテーションなども考えていかにゃならんです。
「ならんです」とはまぁよく言ったもので、実はこーゆーのが超楽しいです。ばんえい競馬馬主にならなければまず考えることはなかったでしょうなー。

二歳馬は獲得賞金25万円で5キロの重量ハンデが付きます。
コムなんぞも現在の獲得賞金189000円ですから、Aクラスでもう一勝したら8万円加算でハンデもらっちゃいますもんね。
取らぬたぬきのなんちゃらかもしれませんが、ここでコムが勝ったらうんぬん。ライバルのあやつが勝ったら云々。と妄想トレイン発車しまーす(危ないので白線の内側までお下がり下さい)。これがマジ楽しいんだな。

アズキとコムギの次走に期待し、その後コムギにはぜひ白菊賞の雪辱を晴らしてきて欲しいものです。
ではごきげんよう。

ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

12 : 48 : 03 | ブログ:アズキとコムギ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
その24 見るべし。とにかく見るべし。
2014 / 09 / 03 ( Wed )
ドーモです!
朝晩めっきり寒くなってきた北海道は札幌よりドーモです。
頻繁に書こう、書こうとは思っているんですがね、なかなかね。分かってくれるよねこーゆーの(甘え)。

 ふと気が付けば早いもので、コムギなんぞはもう10戦もしました。おかげサマーズでA-1クラスと二歳馬最高のステージで戦わせていただいております。デビューの遅かったアズキでも7戦終了。アズキの成績はしょぼしょぼだけどね。
コムギがデビューを果たした4月から数えて、名実共にばんえい競馬の馬主として丸5ヶ月が経過しました。
まぁ色々あった。涙を流すほど嬉しいことも、その反対もね。

 レースに臨むにあたっては、当初の「よしよ~しほんわかムード」をかなぐり捨て、勝ってナンボの厳しい世界であると自己に言い聞かせるようにもなりました。アズコム次走紹介でも書きましたけれど、いまはお二人さんとも停滞期。
正直、毎回「あ~あ・・・」ってなります。 だって、にんげんだもの(ネタ古感有り)。

 くさったり、誰かや何かのせいにするのは簡単で、手っ取り早いんですがね、そんな事をして勝てるようになる訳もないしね。いい時はみんな持ち上げてくれる。
でもこんな時こそアズコムのお二人さんを信じて、お世話になっているみなさんと一緒に乗り越えるしかないしね~V

 ただ、勝っても負けても、また特に悪い結果の時は、その原因を究明するようにしております。原因が分からなけりゃ見る目も養えないし、改善のしようもないですもんね。そのために有益なのが しつこいくらに映像を見る です。見るべし。
 前回のコムちゃんは、第一障害の時点でおとなり3番のコウリキくんとの接近で速度が緩み、微妙に後手に回る。こんなのは大勢に影響がないのでしょうが、続いて第二障害では先に障害に挑んでいる、またもや3番のコウリキ君に体当たり。
よろっと右によろけて、明らかにコムから当たりに行ってしまっています。コウリキ君ごめんね!
もうこうなったらコムは終いですね。ボクなりの見解ですが、どうも行くいかないのムラがある。言い換えれば安定感がないのかなー。一発逆転力は持っているんだけどね。前走だって最後方で第二障害を下ったのに、中団グループに追いついてるし。
反面、ウイナーエミやワタシハサクランボなんかは勝ちきれないまでも大崩れもない、安定感のある牝馬だなー、あれー、なんかいやだなー(稲川淳二風) とけっこう前から思ってました。
これも二歳馬研究に余念がなかった結果だなV

と・・・コムについてはこれまでのレース含め、自己流ではあるものの概ねの解析はできています(マジ自己流)

あ~ず~き~
 アズは分からん(苦笑)
気分が乗らないんでしょうかね。
業務用扇風機のおかげで(笑)別に夏バテなど変わったところはないとのことですし、前走などは、いつもの「障害を慎重に~ゆっくり溜めて~(で置いてかれる 涙)」をちょいと早めに障害にかけようと挑んだレースですが、障害のやや手前で反応が鈍いことがボクのようなド素人にでも判りましたもんね。
これ以上はまーったく解らない。。。次走は能検を共に乗り越えた渡来騎手ですから、気持ちを新たにピコピコっと障害を越えスッタカスッタカ歩いてくれるといいな。

でもね、成績が良かろうと悪かろうと、ほんとにカワイイやつらやで。
知ってた?あっそ~ですか。
扇風機最高!コムギ
扇風機でたなびく前髪 コムギ


ではごきげんよう。

ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking














テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

22 : 41 : 56 | ブログ:アズキとコムギ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |