FC2ブログ
その16 モヤモヤしてた
2014 / 06 / 22 ( Sun )
ドーモです!

 日々の寒暖の差にすっかりやられたのか、アズコムが出走した6/7、6/8以降すっかり風邪をひいてしまっておりました。まだいまいち芳しくない今日この頃。
アズコムも風邪気味だったのでうつったのかもな。と言っても、馬―ヒト間では感染しません。ちなみに、馬―犬間では感染することもあるらしいです。知ってた?あっそ~ですか。今回はこの展開早いなと思ったチミ。いつも読んでくれているんですね!ありがとうございます。あ、ちなみに、聞きかじったハナシなので真偽の程は分かりません。6/8 コムギパドックヘ 小


 ご報告がたいへん、たいっへん遅くなりましたが、コムギさんてばさー、やってくれました!
6/8 五戦目にして初勝利V ここ二戦は・・・ショボーン でしたし、今回のレース前には時折り咳をしたりと風邪気味のようでした。馬も咳をするんですよ。ボク、初めて聞きました。落ちた馬体重も完全には戻っていませんでしたので、あまり期待はしないでおこうと自分に言い聞かせていたのですが、ぶっちぎり~の圧勝!!!
勝利の決め手となるのは、やはり障害を降りた後の「末脚」です。スッタカタッタとリズミカルに走ってくれました。魅せてくれましたわ~ カッコEね~!ホントに嬉しい!
ごらんになっていない方は、当ページにもリンクがあります「ばんえい十勝オフィシャルサイト」からドーゾ。http://keiba-lv-st.jp/ 【6/8 3Rがコムちゃん初勝利Vです、ちなみに散々だったアズキは6/7 1R】

6/8 初勝利V 厩舎へ凱旋
 でもね、前日6/7のアズキのレース内容が散々で、どうにも気持ちが沈んでいたのでどこか手放しで喜べなかったんですなー。アズキはまだデビユーから二走目ですし、いきなりの成績など求めてはいないので、決して着順やタイム云々の良し悪しの問題ではないんです。馬体重も-16キロと著しく減っており、体調の心配であったり、まぁ諸々と。能検の時点からですが、コムギとの差が開く一方といったこともどこか複雑な心境かな。
もちろんアズキも成長しているとボクの目にも映るので、ゆっくりと見守り、その上で馬主としての判断を見誤ることなくあれば良いのだろうとは思っているんですよ。

そんなこんなで風邪による体調不良ばかりではなく、なんとな~く記事をアップできないでいたの。書いては消し、書いては消しを繰り返し。予想がまとまっていないのに馬券を買おうとしている締切間際のマークシートみたいなもんです。

そのモヤモヤ感をさらに助長させたのが、先生との次走の騎乗騎手についての打ち合わせ内容なんです。

 馬主に選択権限があるように、騎乗馬選択権限は騎手にあります。馬主や厩舎との関係、所属厩舎の意向や環境、馬自体の能力や成績など諸々を鑑みて決めるんだと思います。コムギがずっとお世話になっていた西謙一騎手は今回コムギと勝負することになるコウシュハシンザンに乗るとのことで、コムギの次走は安部憲二騎手に乗り替わりとなる予定です。

 アズキについては三回の能検を初め、デビュー戦からの二走をお世話になったのは渡来心路騎手ですが、一度勉強の機会を持ってもらおうとの事で、コムギが大変お世話になっている西謙一騎手に乗り替わりとなる予定です。
これって、あえてとても厳しい表現を端的にしてしまえば、いまのあなたには任せられないとの通告なんですよね、正直心苦しい感もある。けれども西謙一騎手が快く引き受けてくれたという嬉しさもありーので複雑感高いです。
渡来騎手はどうもアズキの障害に手こずっているようで、前走でもヒザポッキンでした。渡来騎手本人の意思を確認したところ、ここいらで先輩ジョッキーの騎乗ぶりを見て勉強する必要があると考えるとのことでしたので、先生の提案通りとしました。
よって、アズコムとも次走は騎手が乗り替わりとなります。
6/8 コムギ ベー 厩舎繋ぎ場にて
6/8 アズキ ベー 厩舎繋ぎ場にて

選んでもらえなかったのと、選んであげれなかったのと、この気持ちってば、致し方ないんですけど、スッキリクッキリ晴れ晴れとはしないですね~。
でも、いろいろなことを見つめ直すと~っても良い機会となりました。
次回はそこいらについて書いていきますね
ではごきげんよう。

ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

22 : 44 : 51 | ブログ:アズキとコムギ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<その17 モヤモヤしてた・2 | ホーム | アズキとコムギとの約束>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://banei-keiba.jp/tb.php/30-48f65406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |