FC2ブログ
その4 みてこの腕前
2014 / 05 / 07 ( Wed )
コムちゃん レース画像
ドーモです!

みんな動画でコムちゃんの雄姿見てくれたかな?
主に競馬そのものを楽しみ観戦しているファンにとってはたくさんのレースの内のひとつ、また、た~っくさんの出走馬のうちの一頭かもしれませんけど、好きな馬や応援する馬ができると、楽しみ方がさらに深まります。そこで一口馬主風味たっぷりの応援馬主くらぶ入会はいかがですか?とプチ宣伝V
ただ単にガンバレ~、カワイイ~、惜しかったざんね~んではなく、まず分析などをしたいと考えますね、より知りたいと。所有馬についてはもちろん、同じレースで競争するライバル達の成績や特徴なんかもです。それがね、馬券取りたい的な熱中とはまた異なると思うのですがとっても楽しいんですよ!その際に活用するもののひとつが前回もお知らせした、当ページ内でリンクしている「ばんえいオフィシャルサイト」です。ここから過去映像を振り返るのです。そう何度も、何度も(笑)
そうすると、スタートがこうだった、障害がこうだったと、興奮しているライブ観戦では気付けなかった事など、まあ色々と発見があるので楽しいですよ!

レース前日の朝調教後、コムちゃん担当厩務員のタカシ君とプチ談義した際、「今回は相手強いよね~、けれど、前半は先行馬につられていかないようにできると面白いよね」など、にわかのボクにはその時「そ、そーなんだー へ~」の返事が精一杯でした、だってそんな分析できないもん。でもね・・・

あのねー、ぼくねー、気付いてしまったんです。
何って?西謙一騎手の腕前ですよ!
知ってた?あっ、そ~ですか。
よくね、アイドルなんかがブレイクする前にテレビや雑誌で見かけて、「いーなー」なんて思っている内に、大人気になると「オレは有名になるもっと前から売れると思っていた」なーんて言うのと一緒でしたね。テレビや雑誌に出ている時点でもう売れてるって事ですしね。西謙一騎手はすでにリーディング4位だっちゅーハナシでしたね。

デビュー戦を終え、コムちゃんはレースにもいくぶん慣れたのか、スタートも安定したなーと感じ取れました。第一障害通過順位は五番手くらいと先行グループ後方くらいでしたが、第二障害前到着時点では完全に後方でした。映像で見ると、あきらかに意図的に抑えているのが感じ取れますよ。やっぱね、しっかりと馬の特性をつかみ、レース展開をイメージし、障害降りた後の末脚を温存していたのかなーと。ここで担当厩務員タカシ君の言っていたことが「なるほど~こういうことかー」としっくり来たんです。関係者のナマの声を聴ける。なんといってもこれが馬主の醍醐味ですね~。

ただし、今回はそれだけではなーーーい!映像を見直した事により、見逃されがちなもうひとつの事実を掴んだのだ!
写真を見よ!6番の馬(ホクトシンバ号)が障害を上手に越えられずに体勢を崩し、5番のコムちゃんの走路へ大きく進入しているではないか!写真では解り難いが、4番の馬(シンエイイクワヨ号)も一番に障害に挑み膝を折り、コムちゃんの走路よりで立ち直した直後なので、右に左にと、5番のコムちゃんが安全に通過できる走路が確保できていなかったんです。
それらを冷静に判断しタイミングを計っていたのってすっごいなーと。
騎手の腕ってこういう事か~!と目から鱗とコンタクト片方ポロリでした。
「もしも走路が侵されずもう少し早めに仕掛ける事ができたならば・・・」
「一着馬(キンメダル号)とは約8秒差、もしも・・・」
ノンノンノン。勝負の世界にifはナシだぜベイビー。
ただ眺めるだけではなく、注目馬を決めて、分析するつもりで見てみると楽しいと思いますよ~。
ではごきげんよう。
ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking

※記事をアップする際に時計を見て8秒の感覚をたしかめてみた。6番が体勢立ち直せた時間って8秒どころじゃないよなー ホント残念。。。
※この記事は ばんえい十勝応援馬主くらぶhttp://www.baneitokachi.com/  で 平成26年5月7日に掲載されたものです

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

00 : 34 : 00 | ブログ:アズキとコムギ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<その5 ブラックパール追悼展 | ホーム | その3 おぬしなかなかやるな>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://banei-keiba.jp/tb.php/4-cadea675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |