コムギ 本日からの治療
2014 / 12 / 20 ( Sat )
みなさまおはようございます。

本日、まさにこれからコムギは新しい薬を投与いたします。
これまで使用してきた抗生物質や消炎剤では症状の改善が見られないが故の獣医による判断です。
屈腱への細菌感染の可能性があるようで、これで改善しなければ次の対応が分からないというところまできてしまいました。

使用するのはニューキロン系といわれる抗生物質です。副作用として腸炎を引き起こす恐れがあり、その後蹄葉炎へ発展することもあるそうです。
もちろん、その可能性が極めて高いなどということはなく、投与によって将来的にも何かの害がコムギの体内に蓄積され続けることはないと獣医より説明は受けております。

コムギを預託している中島厩舎さんでは過去に痛ましいことがありました。
腸炎、腹痛と聞くと、いけないとは思いつつもブラックパールのことが頭を過ぎります。
アズキとコムギはブラックパールを縁として中島厩舎さんへ預託されることになり現在に至ります。

獣医と厩舎のみなさん、そしてコムギを信じて居ります。

不安がないと言ったら嘘になります。
すがれるものなら何にでもすがりたい、そんな心境です。

パール
どうかコムギを守ってください
治療中のコムギ


テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

08 : 42 : 11 | ブログ:アズキとコムギ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<コムギのいま | ホーム | 【お知らせ】コムギ朝調教攻め馬中の事故について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://banei-keiba.jp/tb.php/68-efda1fef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |