その13 あったかいな~
2014 / 05 / 31 ( Sat )
競馬ブックさんとばんえい金太郎さんに主戦の西謙一騎手のサインもらっちゃった テヘ
ドーモです!

タイトルを見て、気温のコトだと思ったおっちょこちょいのみなさんこんにちは。
帯広競馬場にはなかなか行けないみなさんにもばんえい競馬を楽しんでもらう方法がいくつかあります。
営業マンのあなたはココ。以前からおすすめしているページ「ばんえい十勝オフィシャルサイト」内に案内があります。
http://www.banei-keiba.or.jp/info/access_information.html
ふらっと立ち寄りリフレッシュ!からの~ バリバリ成約を取って何食わぬ顔で帰社がおすすめコースですね。
後は、「楽天競馬」や「オッズパーク」のネットで購入。詳しくは自分でググってくださいな。  
http://www.banei-keiba.or.jp/internet/index.html
オッズパークさんは小まめに記事などがアップされていますね~、過去記事も充実しております。騎手へのインタビュー記事なども見れますので興味ツンツン、間違えた、シンシンですよ!
楽天さんは、ネット販売で得た利益の一部からばんえい競馬を応援しようと、厩舎へ牧草ロールや人参を送ったり、コートなどの物品提供をしております。
今年度から、騎手全員のズボンに「楽天競馬」のワッペンを貼り、たしか年間3万円だったと思うのですが、騎手本人にスポンサー費用を提供していたりと、独自の方法でばんえい競馬を応援しております。
ボクはまだなんにももらってないけどねV

楽天競馬さんの会員になったら、ばんえい競馬予想新聞でおなじみの「ばんえい金太郎」が全レース無料でダウンロードできるんですよ!無料データの案内ばかりしていたら売上げに響くと怒られるといけないので、もうひとつ。この「ばんえい金太郎」を帯広競馬場で購入すると、な、な、なんと、印刷された予想以外に、赤エンピツで印が書かれてるんだぜ~の400円です!知ってた?あっそ~ですか。
ボク初めて購入した時は、「すいません、これ間違えて誰かの新聞が混ざっちゃったようですよ、なんか書かれてます」と交換を申し入れましたからね。これは、新聞作成時以降、新たに仕入れた情報やひらめきから印をつけてくれてるんでしょうね~。ある意味驚きのサービスだと思います。
ちなみに「ばんえい金太郎」で検索してもらうと、サイト上では前日の夕方18時ころにメインレースと最終レースの「ばんえい金太郎」がアップされ無料で閲覧できます。これからばんえい競馬に挑戦してみよっかな~という方は、先ずは無料予想新聞をGETしてみてはいかがでしょうか。
現在、ばんえい競馬の予想新聞は「ばんえい金太郎」さんと「競馬ブック」さんの、この二紙のみ。
実は昨晩、この二紙ともにお問い合わせメールをしたのです。アズキのデビュー戦を控え出馬表などを検索していたところ、あっ!と思い立ったのです。ボクはコムギのデビュー戦からの新聞は買って保管してありますが、「ウエブ版の新聞も残しておきたい!」と。
内容は、「ばんえい競馬の馬主なのですが、所有馬出走レースの新聞データを記念に残しておきたいと考え、つきましては過去データを購入させてもらえませんか」と。購入というのも、ネットでばんえい競馬予想新聞を買うことができるんです。楽天競馬さんのページを下にスクロールしていくと、「競馬ブック」さんを初めとした、競馬新聞のバナーが貼ってあり(ばんえい競馬は「競馬ブック」のみ、一番左端のバナーです)予想新聞を一部60円で購入することが出来るんです。こちらからも買えます。
http://ekeiba.msg.co.jp/
ばんえい競馬の新聞はどこにでも売っている訳ではありませんので、帯広競馬場にまで足を運べない方には便利なサービスですよね。購入方法すべて説明するほどの優しさは持ち合わせていないので、自分でやってみてね!
「ばんえい金太郎」さんも同様に購入できます。こちらでは50円で、バックナンバーも25円で購入可能です。
http://www.e-shinbun.net/kintaro/?y=2014&m=06&d=01&idgt=3&hid=3
同上。自分でやってみて!

本日はあちこちで競馬の開催日でお忙しいと思うのですが、どちらからもメールが届き、親切にPDFデータを添付してくれておりました。おごってもらっちゃいましたV
正直、ホントに失礼を承知で言えば、金太郎さんはメールとか見てないかもな~、返信なんてこないだろうな~と。競馬ブックさんは、過去データについてはご提供しておりませんキリッ!といった回答だろうな~とかかな~と、ややあきらめ感もあったのですが、とても嬉しかったですね。いや、嬉しい通り越して感動もんです。もう一回言いますけど、どちらからもメールにデータを添付して送ってもらえたんですよ。しかも土曜日、お願いした翌日に!

ボクなんて単純なもので、これで一発、完全に両紙のファンになっちゃいましたね。
競馬ってやはりギャンブルですから良いイメージを持たれない方も少なくないと思うんですが、こんな「あたたか~い」ドラマがあちらこちらにあるんです。しかも、これからもあるんだろうなーと思っています。だってボク、コムギがデビューしてからですから、実質上の馬主としてデビューしてまだ一ヶ月程度ですからね。たった一ヶ月です。
こういったご対応をしてもらえたら、自分にも出来ることをしていこう!ってな気持ちに、今まで以上になりました。
よしっ、この恩を競馬場に足を運んでくれたお客さんに返そう。ボクはスタッフではないので、お客様やファンのみなさんをお迎えする立場にないけれど、ボク自身競馬場に居るときは「あたたか~い」気持ちで過ごそう。それが誰かに伝わり、さらに周囲に広がるといいな。
ばんえい競馬に関わる様々な立場の方々の、一般のファンのみなさんには見えにくいこういった事など伝えることができるのも限られた人にしかできないことのはず。ある意味ボクの務めでもあるのかなと勝手に解釈。
ではごきげんよう。
ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking


※写真はコムちゃんデビュー戦の新聞です。西謙一騎手のサイン入り。
続きを読む

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

02 : 33 : 12 | ブログ:ばんえい競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
その11 W総会
2014 / 05 / 27 ( Tue )
レース画像 コム 完全に進路妨害されるの巻
ドーモです!

本日の札幌は強風。桶屋さん大もうけってなくらい朝から風が強いです。
先週5/23(金)は馬主協会http://www.banei-owners.jp/の総会、5/24(土)はNPOとかち馬文化を支える会http://umabunka.com/の総会でした。
昨年地方競馬馬主資格を取得したものですから、馬主協会の総会は初出席。役員を除けば30名弱程度の出席でしたかね。概ね滞りなく議事が進行し、役員改選も行われました。
出席会員からは、「番組編成について」、「走路への砂入れ替え」についてなどの意見も上がり、「番組編成」つまりはレースの組み立てについては、五、六頭で組まれる少頭数のレースを無くすように、また、ナイター開催時に日が落ちてからはスピード勝負に強い馬ばかりが勝つ傾向にある事などの改善提案など。「走路の砂」に関しては、あまりにも砂ぼこりがひどすぎて会場に居合わせる一般観客からの苦情も相当数である。また、入れ替えている砂の質が良くない事も一因ではないかなどなど。会員数の減少についての問題意識や対策などについて提議され、「執行部はもっとばんえい競馬について研究をし、見識を深めるべきだ!」といった、やや手厳しいご意見もありました。嬉しい情報としては、あくまでも現時点に於いて確定されたものではありませんが、平成25年度のばんえい競馬運営収支は約7000万程度の黒字が見込めそうとのことです。たしか勝毎にも記事が載っていましたよね。知ってた?あっそ~ですか。
翌日のNPOとかち馬文化を支える会については、二年前に入会し、その時から監事を務めているものですから今回で二回目の出席。出席された会員は約10名程度でした。昨年よりやや減りましたね。こちらでは、実施事業についての質問や、事業計画への意見、ホームページ運営についての意見などがあり、なるほどと頷かされるご提案などもありました。
共通しての感想は、「正直、な~んか不安」です。何れも、会の運営方針、特定の人や事業などがってことではなく、その出席人数からでしょうか、とにかく「なんとな~く不安」な気持ちになったのが偽りのない感想です。
馬主協会会員数は平成25年3月末日時点で328名。ちなみにばんえい競馬存廃問題が取り沙汰された平成18年4/1時点では517名、翌19年には501名だったそうです。この7年で約4割減ですよね。みなさんはこれからの5年で増えると思います?減ると思います?また、その数はどのくらいだと思いますか?
にわかのボクは実態や実数を把握しておりませんが帯広一市開催となる前と比し、馬主も競走馬も、厩舎も騎手も、売上げや賞金なども、そのすべてが減っているのだと思います。
上がっているのは関係者の平均年齢だけなのかなー。
ボクは研究家でも評論家でもありませんので、これまでを批判や否定したりするつもりなど毛頭ありませんし、具体的且つ有効な解決策なども持ち合わせておりません。が、やっぱりそれぞれが自身の出来ることをやっていく。それに尽きるのかなと。

この「ばんえい十勝応援馬主くらぶ」を手がけたのもそういった考えからです。現在はばんえい競馬に一口馬主制度がなく、手軽にもっとばん馬に近づきたい、これまでとは変わった応援や楽しみを持ちたいといった方々に、新しい楽しみ方を提供できるかもしれないと考えました。ボク自身一口馬主会員になった事もありませんし、そもそも馬や競馬に興味があった訳でもないので、みなさんに喜んでもらえるサービスをご提供できるのかも分かりません。ネットで検索した程度の情報しか持ち合わせておりませんが、以前、シルクタローというばん馬の一口馬主募集を行った際には、100口の募集に対し、300口以上の応募があったとか。たぶん、その大半は利益重視の方々ではないと思うんです。当時の記事などを見ると、新馬戦で一着を取っても、一着賞金9万円と出走手当4万円とかですよ。賞金はすべてが馬主の手元には入りませんし、100人で分けたらいくらになるか電卓不要ですよね。
に対して、月々経費が2550円くらい。儲かる確立が低いどころか、毎回一着を取れる馬など居りませんので、経費倒れすることはみなさん承知の上だったと思うんです。
そこでボクは、「応援馬主」さんと名付けた会員さんに対して、獲得賞金などお金の分配ではなく、一着入賞時と一年に一回は、十勝の食べ物やグッズなど、特に帯広にまでなかなか足を運べないような地域にお住まいの方々に心を込めた贈り物をしたいなと考えました。ばんえいの応援もしながら、十勝のおいしく安全な物産品などをGET!
「まぁ何ということでしょう」テレビ番組のあのナレーションが聞こえてきそうなんですけどね。
事前に金融庁などにも問い合わせ、法に抵触しないかも調べました。「いわゆるファンド」と呼ばれる金融商品と判断された場合は、ボクのような者が運営できる事業ではありませんからね。
ボクらは北海道に住み、大自然の中で、豊かな食材の宝庫の中で暮らしております。本当に恵まれた環境だなーと感じております。だからこそこの価値に気づけないのではないかなとも思います。こういった事って、失ってみて初めて分かりますよね。海外の観光客になぜ北海道人気が高いのかを考えてみると分かりやすいかもしれませんねー。
正直、自分だけで楽しむ方が楽です。ボクはこういった文章を書いたりすることも好きではありませんし、なんせ物ぐさ太郎ですから継続する事ってとても大変。でも、このままでは、そう遠くないうちに一人で楽しむことすら出来なくなるのではないかとさえ思っています。そう、ばんえい競馬の廃止ですよ。生産者、調教師、、騎手、馬主と若い方が少ないんですから。ボクなんかあと二十年たってもまだ赤いちゃんちゃんこを着ることができないんです。このまま、自分だけ楽しんで、自分の都合だけ考えて、二十年後に同じように楽しめるとは到底思えません。
だから先ずはやってみようと。ダメなら改善しようと。それを繰り返してもダメならそこで止めますね。それまでお付き合いしてもらえたら嬉しいです。ではごきげんよう。
ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking

※写真は5/24(土)2レースに出走したコムちゃん(2番)が進路妨害されている様子。1番の馬に厩務員さんが進路修正に入りました。結果は五着。一番の騎乗騎手は二日間の騎乗停止制裁を受けました。ざんねーん。
続きを読む

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

02 : 16 : 51 | ブログ:ばんえい競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
その5 ブラックパール追悼展
2014 / 05 / 08 ( Thu )
ブラックパール展 写真は厩舎のなかじまゆかさんから無断借用 ドキドキ
ドーモです!

帯広競馬場では5月26日まで「ブラックパール追悼展」が開催されております。
「ばんえい十勝オフィシャルサイト」http://www.banei-keiba.or.jp/のお知らせ欄や5/5の十勝毎日新聞にも記事が掲載されておりましたのでご存知のかたも多いでしょうかね。
とにかくばんえい競馬について知りたい!って方はこの「ばんえい十勝オフィシャルサイト」をこまめにチェックしておけば間違いないですから。知ってた?あっ、そ~ですか。
アズキとコムギがお世話になっている中島厩舎 中島調教師の奥さんである、なかじまゆかさんが撮影した写真パネルや実際にブラックパール号が身に着けていた飾りや馬具、蹄鉄などが展示されております。ガラスケース内に収められておりますので手に取ることはできませんが、ガラスケースの隙間に顔を近づけてみるとにおいがするんですよ。そうブラックパール号の。ただし5秒以内ですね、度が過ぎると防犯カメラを見た警備員が急行しますからね!節度を持った愛情表現(変態行為)をお願い申し上げます。(笑)
ゴールデンウイーク期間中は重賞ヒロインズカップを見事制覇した際の肩掛け(口取り写真を撮る際に優勝馬にかけているアレですアレ)も展示されておりました。
実はね、ボクちょっとドキドキしてるんです。なぜかって?この写真を無断借用してるから。ヤキ入ったらどーしょーか。さあどーしょーか。なぜにこんなにドキドキハアハアしてるかて、そりゃアナタ、ゆかさんは知る人ぞ知る、泣く子もだまる「オニ」だからですよ。そう「鬼嫁」なんですよ!ユガザン ズイマゼン。。。
でもね、命の危険を冒してまでしても(笑)、帯広競馬場に足を運べなかったみなさんに、せめてこの手紙だけはぜひ見てもらいたかったの。
半年くらい前のボクを含め、一般のファンは、ばんえい競馬関係者の事などまーったく知らないじゃない。知る術なんてないじゃないですか。
ボクはね、馬たちに対しこんなにも愛情を注いでくれているばんえい競馬の厩舎があり、人たちがいるってことを知ってもらいたかったんです。ただそれだけです。

あ、アズキとコムギがなぜ中島厩舎さんへお世話になっているか気になった方います?
もともとの知り合いでも、どなたかからのご紹介などでもないんですよ。
いつか機会があったらおはなししますね。
ではごきげんよう。
ブログランキングです ポチッとよろしくね ⇒ FC2 Blog Ranking
続きを読む

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

00 : 41 : 43 | ブログ:ばんえい競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム |